2013年5月 のアーカイブ

5月のご挨拶です。

2013年5月1日 水曜日

@font-face { font-family: “MS 明朝”; }@font-face { font-family: “Century”; }@font-face { font-family: “Century”; }@font-face { font-family: “@MS 明朝”; }p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal { margin: 0mm 0mm 0.0001pt; text-align: justify; font-size: 10.5pt; font-family: Century; }.MsoChpDefault { font-size: 10.5pt; font-family: Century; }div.WordSection1 { page: WordSection1; }

今年はまことに天候不順です。寒の戻りとか花冷えとか、春先の寒さを表す言葉は多くあるのです、古来そういうものなのですが、それにしてもいつまでも寒い春でした。セーターをこんな時期まで着てたかしら。連休には連休らしく寒さを追いやって初夏の匂いを運んでもらいたいと思うことです。今年は、表向きは予算の問題とされていますが、明らかに戦略的理由によって岩国基地での航空ショーは見送られました。オスプレイは当然の如く沖縄と行ったり来たりしてます。北朝鮮は相変わらず吠えに吠え、韓国はこっちにも気をとられ、安倍さんの靖国への強気発言にも抗議しなければなりません、上向いたり下向いたりで忙しいことです。中国は相変わらず尖閣に公船を送り続けてこちらに撃て撃てと挑発してます。そんなさ中に安倍さんが思いもよらぬ強硬な態度を示したもんだから泡食ったことでしょう。外交に支障をきたすなと掣肘する勢力は多いのです。朝日グループ、中でも中国新聞がさかんに叩きます。外交に支障をきたしているのは向こうの方なのに、です。安倍さんの言う戦後レジームを私たちはきちんと理解しなければならぬと思います。そしてその単語が出た途端に軍国主義、皇国史観、天皇神格化による全体主義に繋ぎ騒ぎ糾弾し、議論すらを封じ込める勢力の存在とその意図に思いを致さねばなりません。今年は日本が生まれ変わる年になるかもしれません。デフレからの脱却だけが安倍さんの目的ではないのです。私達がそう認識せねばならぬのだと思います。

2013.5.1??????? 弘田直樹