4月のごあいさつ

 

今年は寒い冬の末に一気に春がやってきて、桜も慌てて咲き急ぐ風情でした。これを異常気象と捉えて地球温暖化がどうの、北極の氷の溶けたのがいけないの、二酸化炭素濃度がどうのと騒ぐ向きには言わせておいて、季節の移ろいを愛でる側に回りましょう。春爛漫のローマンスです。新年度、新学期という変化に晒されない暮らしを長く過ごしています。ので異動は常に他人事です、新聞に載る公務員の人事異動を眺めながら、すまじきものは宮仕えなどと嘯いてます。もっとも若い頃には転勤の身でした、環境に慣れるまでの緊張感や肚の据わらぬ腰かけ感などは懐かしく思い出すことはできます。もういやですね。もっともやらなくてもいいから嫌がってればいいわけで、公務員でこんなこと言う者はいないんでしょうが。定年過ぎて第二の人生始めてる同輩が多いです、そうじゃない身を幸せに思うか否かはさて措いて、環境の変化ってのは高齢の脳には厳しいのです。だから今迄の職場に残るものも多く、大幅な減給をキャリアを生かすとか資源(人材)保全とかの美辞にごまかされても、こちらとしても収入ゼロじゃぁ困るわけで、そこのところきちりと需給の均衡はとれていて。もちろん敢えて見も知らぬ分野に飛び込む猛者もいるわけです、貴乃花バリに文字通りの一兵卒のペーペーから。人生いろいろ、悲喜こもごも。還暦の次は古稀。そこに力強く向かえばいいと頭の中ではわかっていますのですが・・。

今月もよろしくお付き合いください。

2018.4.1?? 弘田直樹

3月のごあいさつ

先月は寒い日が続きました。温暖の当地でも零下5℃なんて日がありました。朝の冷気が違いました体感しました。が、雪が降らぬ、道路が水道管が凍らぬは有難いことであります。そして月末からはグッと暖かくなって、朝と日中の寒暖差が12度も13度もあり春近しを強く思わせました。春は名のみの風の寒さよとはよく言ったもので、その季節を過ぎれば本格的な春の到来です。やはり暖かいと気分が違いますね。こんなこと今まで思っことあったかいなと訝しんでる自分がいます。若い時から寒いのが苦手で、暑いのは少々平気だった(そのお陰で女房や子たちは毎夏かなりの不利益を被ったのでしたが)のですが、まず暑いのがダメになり、続いて寒さへの感度も弥増してで、冬の終わりに春を恋うる気持ちが年々強くなります。年齢を感じることです。その年齢にならねば分からぬことばかりであることは、それこそその年齢に達するまでは気づきません。人の親になった時、孫の顔を見た時、そして親が亡くなった時。年寄りと呼ばれる年齢に達して、その時々の親世代の気持ちを初めて知るわけです。やがて行く道と頭では理解していてもいざその場所に立つと初めての感慨(驚き)があるわけです。子を育て、親を送り、そして消えていく。とうとうその順番になってしまいました。あと10年。そう思う気持ちが強くなっています。今月もよろしくお付き合いください。

2018.3.1 弘田直樹

2月のごあいさつ

先月下旬の大寒波は各地に被害をもたらしました。温暖の当地は雪花が舞う日がありましたが、確かに朝晩冷えましたが、そこまででした。山口県のうちでも暖かいのは下関と東部、東部の中でも当地柳井と隣の周防大島。下関は対馬海流のせいかなあとぼんやり思いますが、こちら大島は北側(本州側)と南側(四国側)とでは温度が違います、だからこっちも海のせい、海水温度の影響。一般的に海辺は暖かいです。でもこれは黒潮沿岸の話なのでしょうか。寒流沿岸は寒いのでしょうか。何をブツブツ言うてるんだ?ですが、昨今の異常気象はエルニーニョだの何のと海水温度の上下動で説明しますね、それはひいては大気中の二酸化炭素量の影響だと言う理屈。地球温暖化理論です。アメリカのゴアさんが不都合な真実とのキャッチーな題で世界中の耳目を引いた概念でしたが、彼らがあげる理由の多くは根拠が薄いとの反論は根強くあります。でも、そんな大きな話じゃなくて、とてもローカルな比較では海辺は暖かいのです。気温に与える海(海水温度)の大きな影響を実感します。海辺の温暖の地。住民はそう思ってます。

陰暦(旧暦)では今月16日が正月元日です。日本の春はここから始まります。晩冬から初春へ。季節の実感と合うのは旧暦の方なのですが、それも当然です、長く旧暦で文化を作り上げてきたのを明治の文明開化で一気に西洋風に変換しただけですから。と、暦の本を見ながらにやにやしてます。春は名のみの風の寒さよ、の季節を楽しみましょう。

2018.2.1 弘田直樹

12月のごあいさつ

トップページでご案内しております通り、お陰さまで20回目を迎えますクリスマスロックンロールパーティーを12月23日に開催します。始めた当初のことはよく覚えてもないし、正直に言えば思い出すのも辛いこともあって、もうあの時のような手探り状態は嫌じゃなと思うことです。が、それもこれもこうやって回を重ねてきて顧みる余裕が出ていればこそのこと、途中でやめていたらこうはなりませんし。ひとえに会場に来ていただく皆様のお陰なのです。私達は好きなことをやっているだけですから。観に来ていただく皆様があって初めて私達の楽しみが成り立つのです。ですからまじめにやってきたつもりです。まじめにという言葉がそぐわぬなら、真剣に遊ぶ。オヤジどもの手慰みじゃぁならぬ、そんな失礼はならぬ。学園祭バンドのレベルはならぬ。それだけは曲げずに来たから、昔のことを思い出すのも恥ずかしい、穴があったらの気分にもなるのでしょうか。もちろん皆様が評価されることですし、厳しい意見も頂きますが、毎回の盛況は多くのリピーターの方々に支えられていることも事実です。繰り返し観に来ていただける事の有難さです。ご期待に応えるよう今年も用意しております。多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

今年もお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。マージーボックスとしての活動がめっきり減って案内や報告することもなく、その分年末のパーティーへの傾注度合いが過剰になるわけですが、せめてと続けております付属のブログの更新は連続4300日を越え、このホームページも悠に10年を数えております。見ていただける方々のお陰様以外に何もないことで、感謝しております。明年平成30年もよろしくご交誼賜りますようお願いいたします。

2017.12.1????????? 弘田直樹

開催決定!『第20回 Xmas Rock’n Roll Party』

日時  2017年12月23日(土) 18時スタート

場所  柳井市 ベルゼ

料金  4500円

チケットは 前売り券のみです。

ベルゼ 0820-23-7777 ・ 弘田脳神経外科 0820-23-7119? でのみ販売します

お問い合わせは弘田脳神経外科までどうぞ

 

出演バンド

Mersey Box / Cavern / Vintage & SPECIALs

 

お陰さまで20周年を迎えることができました。ひとえに毎回駆けつけて下さる皆様のご厚意の賜と感謝しております。今回は例年に増してたっぷりとビートルズの魅力を堪能していただきます。毎回趣向を凝らしているSPECIALs、今回は誰もが知っている、きら星のメガヒット曲をずらりと並べて演奏します。Cavernは隠れた名曲、コーラス曲を聴かせます、Mersey Boxは今年も熱くロックンロールします。そしてこちらにもファンが多い、べンチャーズバンド、Vintageも登場します。

今年もおいしい料理とお酒をお伴に、生バンドの迫力ある音を体で聴いていただきます。このパーティーは、いつの間にか歳を重ねていた私達の年代が心底楽しめる場にしようと、回を重ねてきました。昔あなたがそうしていたように、あの曲に合わせて踊りましょう、手を叩いてステップしましょう。どうぞご一緒に!

今年も多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

 

マージーボックス  弘田直樹

11月のごあいさつ

10月になっても30℃越えの日(真夏日)が何日もあり、台風に2週連続襲われ各地に大きな被害を出しました。異常気象や地球温暖化という言葉にはもうこちらも慣れてしまって、だからどうした?の感想しか湧きません。高温、日照り、降れば大雨、火山に地震。ゲリラ豪雨に雹や霰が降りしきる。11月は何が起こるんでしょうね。さらに頻発生する大型台風とか早すぎる大雪とか。予想技術や精度は年々上がっていきますし、住民への周知方法も大きく進歩してますが、対応策は明治時代と全然変わりません。逃げろ。これです。これのみです。明治時代と比べればもちろん情報は素早く津々浦々にまで伝わりますが(知ろうとすればの話ですが)、だからどうしろがないのです。台風の進路を変える技術、台風を霧散させる技術、雨乞いではなくて雨雲潰しの技術がないです。それこそ戦国時代からの国の要諦、治山治水も全然完全なのものにはなってません。雨には降られるだけ、風には吹かれるだけ。科学のこの時代においてまだこのレベルです。偉大なり大自然。

 

第20回 クリスマス ロックンロール パーティー 第一報

 

平成29年12月23日(土) 18時開演

柳井市  ベルゼ

お一人様  4500円

 

お陰さまで20回を迎えることができましたクリスマスパーティー、上記日程で開催いたします。20回を数えることができましたのはひとえに会場に来ていただける皆様のご厚情に負うものと心より感謝しております。20回を記念いたしまして今回は原点に立ち戻り、ビートルズの名曲を十分にご堪能いただく企画にしております。ベンチャーズもたっぷり楽しんでいただきます。どうぞ今年も皆さまお誘い合わせのうえ、生ロックバンドの音を体で聴く快感をお楽しみください。チケットの販売はおよそ一か月前からベルゼ・弘田脳神経外科で始めます。よろしくお願いします。

2017.11.1 弘田直樹

10月のごあいさつ

安倍さんが解散総選挙を選択して、大義がどうのと頻りに批判が飛び交いましたが、理由は唯一点曇りのないことです、今なら勝てるとの判断です。と言うか、今しか勝てぬ。これも単純な理由です、北朝鮮有事が起これば選挙どころじゃなくなります。あたふたしているうちに任期が切れます。大量の半島からの難民対策やら、米軍の最前線基地としての対応やらが滞りなく進むはずもないことです(70年余そういうことから逃げてきた国柄、国民ですよ)、あれこれ不平不満が噴出します、そんな時に昔の橋下(今は小池)のようなデマゴーグが現れた日には・・だから今なのです。消費税増税に係る使途の変更を大義に掲げてましたが、これにもいくらでも反論がありましょう専門家にかかれば。国難突破するための仕事人内閣だったんじゃないのか?との皮肉もありましたが、解散してしまえば誰も覚えてませんし。野党連中はモリカケ問題を引っ張るしか対抗手段がない、だから吠えるのみ。少子高齢化なんかじゃないです、本当の国難は北朝鮮危機で露わになった日本の丸腰さです。だから安倍さんは自衛隊の憲法明記と控えめに言ってますが(問答無用!の拒否反応の強い人がまだまだ多いですから)、抑止力をはっきり持たねば北朝鮮ごときにこれでもかとナメられる現実です。選挙が告示されてからまた撃ってくるんじゃないですかね。今度は東京の頭越しに鳥島硫黄島の沖にでも。今国際舞台に立ち向かえるのは安倍さんの他に居ません。誰かいますか?自民党が負けた日には・・・。考えたくもないですが、北朝鮮に煽られての安倍さんの大勝負であるわけです。小池新党に誰も彼もが臆面もなく擦り寄って、仮にも野党第一党ともあろう者が解党分裂してまで保身に走ります、政権交代との大義を掲げてカバンとジバンを貢ぐ代わりにカンバンを借りたいと。いよいよ戦後レジーム脱却のファンファーレが鳴るか?今回はトンガリオヤジの弁を聞いていただきました。今月もよろしくお付き合いください。

2017.10.1 弘田直樹

9月のごあいさつ

前月の東京や仙台は記録的な雨の日続き、日照不足でした。昔ならそのまま記録的凶作となるのでしょうが、都会の青果生鮮品の物価には影響大でしょうな。しかし暑い、とりわけ蒸し暑い夏でした(9月も夏のうちですが)。当地柳井は幸いにゲリラ豪雨の被害にはあわずに済みましたがその分雨が少ないことでした。35℃を何日も経験しました。刺すような暑さですねあれは。射す陽が皮膚を刺す。尋常ならざる感じが明らかでした。内陸の山口市では37℃だったとかで、もうフィリピンや台湾と同じ亜熱帯ですね日本は。で、高温や大雨を指して二言目には温暖化、二酸化炭素の所為にしてますが本当ですかね。きちりとした証拠が出せるんですかね。南極北極の氷が解けて南洋の島々が浸水しているなんて、そんな、一時間に100mm降ってマンホールから水が溢れる現象と同じ理屈でいいんですかね。安直に過ぎませんか。二酸化炭素の濃度の推移と気温の変化とをただ見比べて繋いでいるだけじゃないのでしょうか。よく言われることですが相関関係と因果関係は全く違うのです。グラフにとって見るとどちらも同じように右肩上がりだと、ただ似ているだけで因果を結ぶは間違いですね。この夏こう暑いと単純に思いますよ、山裾海辺ならば渡る風も吹くだろうけれどアスファルトに囲まれていれば日暮れても気温が下がるはずもない、さらにはビルや民家の全てからクーラーの熱風がゴーゴー排出されてる、ヒートアイランドとはよくぞ言ったり、よほどの田舎に行かねば涼風などは立ちませぬ。二酸化炭素など関係ネーでしょう?では二酸化炭素悪者説で誰が得するのか。不都合な真実を隠しているのはどいつだ?話は段々大きくなり、どんどん曖昧に薄まっていく。グローバリズムの旗に隠れた黒幕が高笑いしている、そんな絵でしょうけれどね。皆さまにはお体愛われますように。今月もよろしくお付き合いください。

2017.9.1? 弘田直樹

8月のごあいさつ

酷暑お見舞い申し上げます。今年も暑い夏です。湿気がひどいですね。気温はここ何年猛暑日って聞いても驚かなくなりましたし、33℃34℃は部屋閉めておいたらすぐに上がります、が、それに加えての湿気です。蒸し暑い。本当に蒸し暑い。今年の違いはこれでしょう。具体的に湿度の値がどうこうのデータは知りませんが、体感湿度です。これが日本の夏なのでしょうけれど、それにしてもです。そして雨。大雨。幸い当地柳井は今のところ免れてますがもちろん今後何の保障もありません。異常気象。そう括られて何年になりましょうか、誰も改善しようとしない。いや、こう言いきるとまた反論がありましょう、温暖化対策は講じているぞと。「二酸化炭素の排出過多による温暖化」式が正しいとの前提で京都議定書、パリ協定が出来上がったのですが、誰も守らないから全然効果が出ない。出ないですよ、あなたの街でもそこらじゅうでクーラー動いていて熱風が排出されて、しかも夜になってもどんどん出て来る。いくら陽が落ちて涼風が立とうとしても(アスファルトに囲まれてればその風すら立ちませんが)、一日中街中でクーラーが唸ってる現状で気温が下がる理由がありません。田舎が恋しいでしょうが、今時余程の田舎に行かねば夜に涼風が立つなんてのはありませんから。当地柳井は十二分に田舎町ですが、町中からどんどん田んぼや畑がなくなって熱の逃げる所がなくなっています。便利さと引き換えに環境が壊されていくのです。他人事のように、わかったようによく言う台詞ですが、二酸化炭素じゃないですよ街中の高温の理由は。クーラーです!。とはいえ、消せないですよ、30℃を越える部屋の中では寝られないですからさすがに。ううむ。

クーラーが珍しかった時代はこんなに酷暑じゃなかった。これは「美しく都合よく作り変えられた昔話」要素や我慢するしかなかったから否応ない心理も手伝ってますが、やはり便利を覚えると二度と不便には戻れない人の世の中の一方通行さを示す好例でしょうね。新しい利便の一方で生じた不都合は更なる技術、便利さで越えるのみ。どこまで行けるんでしょうね。昔はこんなんじゃなかったぞ。そう言いながら私の消える順番が近々にやってくるのでしょうが

皆様には暑さ厳しき折、お健やかに過ごされますように。

2017.8.1  弘田直樹

6月のごあいさつ

また暑い夏がやってきました。

昔は9月まででしたが最近は10月になっても暑さが引きません。一年のうち5カ月が夏。そりゃ温帯じゃなくて亜熱帯でしょうに。行ったことないのですが比国や台湾の夏はこんなじゃないのでしょうか。

もっとも彼の地には雪は降らぬことでしょうが。五月雨は梅雨時分の雨のこと、五月晴れは梅雨時期の雨の中休みの晴れ間のこと。旧暦と新暦との約一か月半の差は元の意味さえ変えてしまっていますが、七夕の日に雨が多いのはまだ梅雨が上がってないからであって、本来は8月末の晴れて暑い夜の星座鑑賞だったのです。

中秋の名月ってあんなクソ暑い時期じゃないのです、ススキに月見団子が似合う、文字通りの秋半ばの時期のこと。この温暖化の進む日本で(こういう時だけ都合よく温暖化を是認するのですが)10月も十分に夏のうちになってしましましたが、本来ならば新暦の10月4日の満月のことです。いえ、6月のことでした、暦がどうであれこの時期は暑いことには違いはないわけです。

思うに本当に真夏の8月にヒートアイランドの東京で五輪やるんですかね。50年前でさえ10月だったというのに。その五輪も小池旋風か何か知りませんが、築地市場移転問題とセットになって滞っています。豊洲は店晒しになってもう一年でしょう?と、暑苦しい話題が次々に連想されてくる夏の到来です。北朝鮮が暴発する前にアメリカ軍の恐ろしさを全世界に知らしめる機会が訪れましょうか。楽しみのような、その後を考えるとゾッとするようなホラーな気分です。

暑さ厳しくなりゆく折、皆様にはどうぞお健やかに。今月もよろしくお付き合いください。

2017.6.1  弘田直樹

© Mersey Box. 2017 All rights reserved.