イベント中止のお知らせ

ご案内しておりました8月9日の柳井市レトロスクエアでのイベント、台風接近が予想されることから中止となりました。久々の夏の出番で張り切っておりましたが、残念です。

よろしくご了解ください。

平成26年8月7日  弘田直樹

7月のご挨拶です。

夏です。当地柳井は海辺の町です。だからどうこうと無理矢理に繋ぐつもりは全くないのですが、幼少時から夏は海です(でした、さすがに歳とってからは行きません)。小学校時分に学校にプールができて、夏休みに地区別に振り分けられて二時間だか三時間だか開放されてたこと思い出します。あれはあれで手軽で楽しかったですが、やはり海でした。海辺に住んでいたのではないので、裏の垣の向こうが海だとかの環境ではなく、海に行くには自転車こいで30分くらいかかったのでしたが、それもまた楽しで。中学生時分は運動部にいました、当時の常識は今の非常識なのです、練習中は水なんて飲ませてもらえません、約4?5時間の練習で水が飲めるのは一度の休憩15分の間だけです。でもそれで熱中症(という概念が当時あったのかどうか)で倒れた奴なんていませんでしたがね。夏休みも水泳は禁止です、他の筋肉を使うなとか冷やすなとか色々理由を言われましたが、夏の大会が終わるまで盆近くなるまでは泳いではいけませんでした(体育の授業はOKでしたね何故か)。で、解禁されて部員同士で海に行くんですが、他の連中は真っ黒に灼けてるのに俺達だけが真っ白けで恥ずかしかったもんです。当地の海水浴場は(黒島)綺麗な白砂の浜で、しかも遠浅。潮干狩りができる所でした。遠浅ですから藻もすごくて、潮が引いている時はとても泳げないことでした。ちゃんとした脱衣場がなくて、男どもはそのあたりの陰でパパっと着替えたもんです。強い陽射し、真っ白い砂、濃い青の海。海は東に広がり西側は山を背にしてましたから夕方が早いんです。すぐに影になる。遠くの海はまだ白く光ってるのに、座っている砂浜には夕暮れが迫っている。盆過ぎたら海坊主が出て足を引っ張られるから海には行くな。そう言われたもんですが、盆過ぎてからの方が景色は風情がありましたね。夕陽が茜色に染まる、あの季節感です。子供が小さい頃は、こいつらが行かないと泣きだすくらい連日海に出かけてました毎夏。体は真っ黒、お陰で今は背中一面シミだらけの汚いことになってます。癌化すれば自業自得もいいところです。でも海は好きでした。その夏が今年もやってきました。今は思い出すだけの海の夏です。

2012.7.1? 弘田直樹

6月のご挨拶です。

あちこちで選挙が行なわれます。地方選挙の年、我が山口でも夏に知事選、柳井は来年に市長選、そして来年は(きっと)衆参ダブル選挙です。政治の季節というべきか、有権者が国のこと、我が県我が町のことを考える機会がやってきます。

国の政治は見事に停滞して、民主党がダメなことはよーくわかりましたが、谷垣さんでもこれダメみたいねぇというのが大方の評価でしょうか。せめて自分の住んでる所くらい、という気持ちを喚起されるのはいいことでしょう。橋下さんのような多数を恃んだ、多数決政治も危ないことだと思いますし、民主党の青二才達の何でも反対、何でも改革(これは社民党も共産党も同じことですが)政治も大間違いでした。というか民主党の連中は反対だけしておけばいい場面では非常に雄弁で勇敢なのですが、いざ自分で何かをしなければならなくなったら途端に立ち往生します、萎みます。なぜなら何でもかんでも人の所為にして文句ばかり言っておけばよかったからです。でもだからと言って谷垣さんも全然だめです。NGです。俺たちに早く代われ!とどうして言わないですかね。解散しろと言ってはいますが、そんなに強く要求してないでしょう?民主党には勝てても、他に勝てる自信、大勝する保証がないのでしょう。今は選挙よりも国の建て直しですがねぇ。

小沢さんを切れ、党内でまとまれ、そうでなければ話し合いに応じないって子供の喧嘩ですよね。

この9月に総裁選(民主党は代表選)があります、総裁替えねばならぬでしょう。誰です?山口県民とすれば安倍さんの再登場、あるいは林さんの抜擢を望むところです。が、これはおらが国さの欲目贔屓目ではなくて、今の自民党眺めて他に誰ですか?小泉ジュニア?まさか。町村さん?もうとうに終わった人です。石破さん?石破さんが防衛オタクから少し離れて天下国家をもっと保守然と語ればこの人でもいいと思うのですが。乾坤一擲の一期一会と気合を入れて野田さんは小沢さんと会うそうです、今月6月が最初の山場ですかね。しかしそれにしてもあくまで内輪もめです。どいつもこいつもすっかり雁首並べやがって、なんて小せぇ、こせこせしたことやってやんでぃ!

2012.6.1  弘田直樹

5月のごあいさつ

薫風香る5月。梅雨前のいい時候は駆け足で逃げていきます。とはいえ元々アウトドア派ではない身とすれば、どこかへ行きたいとかお陽様の光を体いっぱいに浴びて!という欲求は全くない方で、ここのところは子供達から不興を買い続けていた若い頃と変わりません。ですから適当に晴れて適当に雨が降ってくれれば(雨は好きですので)別にどうにも・・というのが実のところなのですが、カラッと晴れて乾いた風が頬を打って目を細める初夏の陽射しとくると、ああ、これもいいなぁと思いはします。出不精の言い訳しているだけだとお気づきの諸姉諸兄には返す言葉がありませんが、降る雨をずっと見ているの好きだ、雨の音に包まれた静けさが好きだなんて言ってるオヤジですから、この辺りのジトッとした暗さはお許しいただきたいところです。私のような者にかかると折角の季節も台無しですか。すみません。

さて今年クリスマスは15回記念です。お陰さまで15年を重ねることができました、これはまことに幸せなこと、ひとえにご来場いただく皆様のご厚情あればこそのことです、お気持ちにお応えせねばと常に気合を入れておるところですが、さて今年はどういう趣向で臨もうかと思案しています。ビートルズがレコードデビューして50年です。1962年ですからねLove me do / PS. I love you です。その後 Please please me, She loves you, I wanna hold your hand, Can’t buy me love で一気に世界をひっくり返したのはご承知の通り。10回目の時にもそうやったように、ビートルズの原点に返って、というか、これぞビートルズ!というものをお見せできればと腕撫しています。早めに準備に入って、などとつらつら考えるのも非常に楽しいことなのではあります。是非今年も皆様お出ましくださいませ。ちと気の早いご案内でした。

2012 5.1???? 弘田直樹

4月のご挨拶

毎年あることなのでしょうが、
今年は寒の戻りを強く感じる三月でした。

梅が遅かったですから桜はまだまだよという話でしたが、さすがに下旬は春の陽気、当地でもあちこちで桜がほころび始めてます。年頭の三ヶ月はあっという間に過ぎます。時の流れに違いなどなく夏だろうが秋だろうが三ヶ月は三ヶ月なのですが、新年が明けてから新年度までの3カ月は殊更に早く感じます。から新緑へ。桜が散って葉桜になり、辺り一面に綺麗な勢いのいい緑が萌える。四月から五月上旬までの薫風吹く季節。暑くなるまでのこの二カ月、悪くないことです。皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。

マージーボックスは例年の如く春は眠りの季節です。
もっとも秋冬のイベントの構想練に大事な時期でもあります(といつも言い訳してます)。今年はクリスマスパーティーが15回目を数えますのでビートルズをよりたっぷりとより充実してお送りしたいと思っています。柳井(田舎)でもこれだけできるという高いレベルを目指したいと考えています。一方で個人的には、二年ぶりに自作曲の披露を別途行ないたいと目論んでいます。音楽はとてもたのしいことなのですが、演奏を聴いてもらう以上は相応のレベルが必要です。そのためには技量向上、スキルアップだと心得ています。

聴きに来ていただく以上は相当の音を。
今後もきちんと弁えて精進して参ります。

乞うご期待。

2012.4.1?????? 弘田直樹

© Mersey Box. 2017 All rights reserved.