■ 記事の検索

17/01/01(日)

2017年新年のご挨拶

Filed under: お伝えしたい! — hirota @ 0:01:45

丁酉、明けましておめでとうございます。旧年に倍してのご愛顧ご厚情賜りますようお願い申し上げます。5回目の年男、還暦です。申酉の学年ですので同級生の多くは既に満六十歳に届いているのですが、早生まれの組が今年追いつきます、私もその一人です。冒頭丁酉と書きました、ひのととりと読みます、この意味を知った時には感心したことでした。墓地に行くと昔のお墓の横に建立年が削ってあるでしょう、あの漢字二文字が年を表しているのです。壬申の乱、戊戌戦争とかがこの呼び名です。保元の乱とか寛政の改革とか、こちらは年号です、天皇さまの御代を示す年号、昭和、平成の類。丁酉系はこういう規則です。五行十干と言います、お聞きになったことありますか。安倍清明の陰陽道の世界ですが。木火土金水の五行、それぞれ兄(え)と弟(と)に分けて、甲乙丙丁・・の十干の読みに当てはめる。甲はきのえ、乙はきのと、丙はひのえ、丁はひのと・・。それと十二支を組み合わせます。子丑寅卯辰巳のあれです。十と十二の列の組み合わせですから、甲子、乙丑、丙寅、丁卯となって、それぞれはきのえね、きのとうし、ひのえとら、ひのとう、と読みます。甲子園、甲子夜話とかはこれが語源でしょう。甲子からはじまってそれぞれの列を繋いで行って再び甲子に戻るまでは10と12の最小公倍数は60ですから十干は6回、十二支は5回繰り返すのです、それが還暦というわけです。今年が丁酉ですから来年は戊戌、つちのえいぬ。昨年は丙申、ひのえさる。ひのえうま年生まれの女の子がどうのこうのという迷信がありましょう?ひのえうまとは丙午です、こういう組み合わせになる年があるのですね。妙な蘊蓄話になってしまいましたが、日本の古来の文化を愛でつつ、60歳を楽しもうと思っております。今年もよろしくお付き合いください。

2017.1.1 弘田直樹