2016年2月 のアーカイブ

2月のご挨拶

2016年2月1日 月曜日

史上最高の大寒波の後に揺り戻しのように暖気が日本中を包む。天気概況の説明が非常に詳しくなって、それは気象衛星のデータの詳細化大量化によってもたらされた結果ですが、この異常気象のそれぞれについて解説がつけられていきます。エルニーニョ現象、偏西風、爆弾低気圧。いわば理由の後付けですから、何とかとトリモチじゃないですがどこにでもひっつきます。現象を逆算すればいいんですから、後出しじゃんけんの理屈です。いえ、気象庁にケチつけるのではありません、所詮自然現象は後追いです。雨には降られるのみ、風には吹かれるのみです。地球温暖化悪者説が必ず出てくるのですが、実は南極の氷は増えているんだという事実(これとて温暖化の結果だと強弁する向きもあるやですが)、偏西風がいつもと違って吹くから寒気が下りて来る暖気を呼び込むという単純図式化がわかり易くていいのです、真理はいつも単純な造りです。風が吹いて桶屋が儲かるような屁理屈は、いかな科学的匂いを纏おうとも嘘は嘘です。しかしそう言いつつ、昨今の予報の当たること、特に寒波到来とか温暖予想はすべて当たることには舌を巻きます。何百と地球の周りを飛んでいる気象衛星という名の偵察衛星がいかに多くのデータを集めているかの何よりの証拠です。グーグルマップで驚いているうちはまだ可愛いことなのですが、マクロなインテリジェンスの最前線は、つまり物理的な探索技術の進歩はとうの昔に想像を越えているわけです。便利なうちは感心して笑っていればいいのですが、さて。

天候不順の折、ご自愛なさいますように。今月もよろしくお付き合いください。

2016.2.1????????????????? 弘田直樹