2015年9月 のアーカイブ

9月のごあいさつ

2015年9月1日 火曜日

猛暑日という、私が学生時分にはなかった呼び名の高温日が何日も続き、台風がひどい時には南洋に三つも並び、詳細にわたるようになった天気予報は高温多雨の理由をこの台風、勢力が強くなったりそうでなかったりの太平洋高気圧、エルニーニョ現象による海水温の上昇の三つの組み合わせで説明します。そして突然にびっくりするくらいの涼しい日が挿しこまれます。大気の状態の不安定。何度聞いたでしょうね。そして雹が降るやら竜巻が起こるやらの異常気象。いや、もう異常気象じゃないのでしょうこれだけあちこちで起こるのですから。注意報出さねば怒られるのでしょう。日本の気象は温帯域から亜熱帯域に変化しているのでしょうね、地球温暖化とひと括りですが。でも、季節は巡ります。開け放した窓から入り込んでくる朝晩の涼風、早朝の涼しさ、そして陽炎を伴った白からくっきりした茜色に変わった夕陽、長くなった影。子供の頃に感じていた、夏休みの終わる時期のせつなさ、気の急く思いです。朝夕に感じる秋の気配がそうさせていたことですが、日中の暑さがすぐにそれを忘れさせて。最近は子供達はラジオ体操に集まりません、夏休みは参加票を首に下げて近くの広場に集まって上級生に判子押してもらうのが毎日の始まりでしたが、今はそれもないのです。聞けばラジオ体操する日程を自分たちで決めるんだそうです、そういえば思い出したように何人かの子供が親に連れられてやって来てたな。毎日じゃないんですよ。皆親連れです。そうでないといけないのだそうです、行き帰りに事故があってはいけないから。なんとも幼稚な過保護な社会になってるもんですね。昔は違った、昔はよかった、なんては今更言いません。言いませんが、変わって行くもんですね。私達もあれこれ変えてきたことなのでしょうけれどそれを忘れてますから。

今月もよろしくお付き合いください。

2015. 9.1  弘田直樹