2015年1月 のアーカイブ

2015年1月のごあいさつ

2015年1月1日 木曜日

明けましておめでとうございます。本年も旧倍のご厚情賜りますようお願い申し上げます。

年末には定例のパーティー開催できまして、こうやって一年一年が過ぎていくのだと実感しておるところです。計画通りに事が過ぎていくのはまことに有難いことだと感謝することです。計画できたこと、実行できたこと、結果を出すことができたこと。こういう順番なのですが、その一つ前に、そういう環境に恵まれたこと、誰彼の協力があったこと、そして何より自分の体が健常であったこと、そして心が萎えなかったことです。気力の衰えとはよく言います。それより体力の衰えの方を巷間よく耳にしますが(こちらのほうがビジネスに繋がり易いからでしょう)、どちらが先という問題でもないのです。日本人が好きなのは精神力ですが、精神力は体力に代わることはできません。元プロレスラーが叫ぶように気合だけで事が成るはずもありません。心頭滅却すれば火もまた涼し、なんて言いますが、そんなはずはないのです。火は熱いのです。必ず火傷します。熱が出てフーフーしんどい時にどんな創造的な仕事ができましょうか。どんなやる気が湧きましょうや。体力整って初めて脳は働きます。心が萎えぬためには健常な体です。この向きだけが真実です。体に支障があればやる気など出ません、頭痛や歯痛ごときものでも日常家事にさえ障るのは皆さん経験がありましょう。健康な肉体にこそ創造力は湧くのです。一意専心するためにはそれを支える体力が必要なのです。何かに向かう、取り組む、続ける、維持するためには心のエネルギーが要ります。そのためには体力なのです。今までの自分の体力に感謝するわけですが、こういう割り切りは覚悟に繋がります。体が続く限りは社会に働きかけることができようが、そうなくなった時が消える時だと。そう、消える覚悟です。できなくなったら消える。表舞台からではなくてこの世から消える。これは何十人の命を見送って来た職業人としての精神的到達点かもしれぬのですが。

年始早々ヘビーなことで申し訳ありません。お体どうぞお愛い下さいという話でした。今年もどうぞよろしくお付き合いください。

2015.1.1 弘田直樹