2013年6月 のアーカイブ

6月のご挨拶

2013年6月1日 土曜日

さて今年もこれから暑い4カ月が始まるかと思うと聊か気の重いことです。いかがお過ごしでしょうか。5月に入っても尚北国では雪が降り積り、当地でもなかなか朝晩の肌寒さが消えずに寒い春うすら寒い初夏でしたが、梅雨入りの声と伴に蒸し暑い日本の夏の到来を思わせます。皆さま体調にはくれぐれご注意のほどを。

アベノミクスは音を立てながら日本を回していきます。あちこちに軋む音もしているのでしょうが、今のところ悲観的な予想を歓迎の声が上回っています。大方の予想では端々にまで効果が行き渡るには数年のギャップがあるとか、我々の給料に跳ね返るには今暫くの時間が入用とのことですが、それまでに輸入食料品の値上げや原油の値上げによる物価の上昇で潰されはしないかとの心配も現実の事です。アベノミクスを軌道に乗せて参院選に勝利して、体制を整えてからおっとり刀で戦後レジームからの脱却にかかる。当初の計画は順調にこなされていっているのでしょう。工程表通り、でしょうか。橋下さんの舌禍は非常に「役に立った」ことだと思います。狭く近隣諸国だけではなく、アメリカもまた日本の姿変わりを好まぬこととわかりました。核不拡散条約の欺瞞をイランや北朝鮮が暴いてます。日本が強くなってもらって困るのは中韓だけではないわけです。北朝鮮にあれだけ手を拱いているのです、それに日本が加わったら・・の思惑でしょう。アメリカを筆頭に先の大戦で連合国形成していた大国達が日本の立ち直りを、再びの台頭を嫌っているわけです。それは即ち力関係の、パワーバランスの変動をもたらすからです、既得権益を脅かすからです。橋下さんの「実験」は非常に有益だったと思いますね、本人にはそんな意図はなかったにせよ。正念場の参院選に向けて足場ならしが続きます。安倍さんの真骨頂を見られる日が近づいてきます。楽しみなことです。

2013.6.1
弘田直樹