2009年1月 のアーカイブ

新年のご挨拶 2009

2009年1月4日 日曜日

明けましておめでとうございます。本年も旧年に倍するご愛顧をお願いいたします。今年も当地は穏やかな正月でした。北日本の雪害を横目に、でした。昨年末は多くの方にご来場いただきまして恒例のクリスマスパーティー盛会裡に終えることができました。改めて深く感謝いたします。

折れない心。スポーツ指導者やらがよく口にする言葉です。事を続けるにはこれなんでしょうね。習慣化するための支えなり工夫なり。面白がること。物理的に時刻時間を決めて必ずその態勢に入る。前もって計画して目の前にニンジンとしてぶら下げる。背伸びしないこと。私はこうです。面白がるってのはつまりその対象が面白く思うことじゃないとダメです当然。面白いと思うことこそ続けられます。これには、初めはいやいやだったけれどやらねばならぬことだから、も含まれます。やらねばならぬことをやれるというのはその才能があるということですから。具体的な目標を目の前にぶら下げる。これが一番の原動力でしょう。生活必需でない事象であればあるほどそうでしょう。私は今年のパーティーの予約をもうしました。やろうかやめようかなんて迷いはこうすることによって断てます。でもつま先立っていたのでは続きません、これも確かなこと。つま先立たねば先が見えぬのも真実ですが、見えた先に行けるかどうかは別問題です、つま先立ったままでは歩けませんからね。と、あれこれ理屈をつけていくのですが、要は折れない心。やるぞ!という思い。いかに単純に奮い立てるか。そうですね、この単純さでしょう。私の性癖の一側面だと強く認識していることなのですが、もちろんどなたにもあてはまる処世術ではありますまいが、物事を単純に捌いていくことも道を開いてくれる一方策には違いないとお勧めできます。と、いつもの如く理屈っぽく説教臭くてすみません。今年も続けて参ります。今年もよろしくお付き合い賜りますようお願いいたします。

2009.1.4 弘田直樹